アラフィフおばちゃんの家計簿日記

毎日、何を買ったかつれづれに書いてます

塾に行かなくても、親が高卒でも、子どもたちは国立大学に行ったよ

 久しぶりに、子どもの話・・・

お姉ちゃんが、高校生の頃、担任の先生に

『親が高卒でも、片親でも気にするな。大学は行ける。』と言ったらしいのですが、

うちは旦那は大学を半年で中退、私は高卒なんです。

 

お姉ちゃんが大学生の時に、

『同級生の親は、ほとんど同じ大学出てるわ。うちは珍しい。』

と言ってました。

親が高卒とか片親とか全然関係ないと思うねんけどなぁ~~

 

子供たちは、塾に行きませんでした。

進研ゼミとZ会、(息子は進研ゼミのみ)だけで

大学受験までしました。一応、現役で合格しましたよ。

なので、よく『どうやって勉強してるの?』と聞かれました。

 

お姉ちゃんは、小学生の時から、

『ここはどうなる?』と聞かれたら、一緒に考えてました。

私は、理科が全くだめだったので、子どもが中学生くらいの時は、

『理科は聞かんとって。』と言ってました。

さすがに大学生の時に、経済学の事を聞かれたときは、

『私、高卒やねんけど。』とは思いましたけど。

 

息子は、全く聞きません。

たまに、お姉ちゃんに聞くことはあったようです。

 

だから子供の教育費といっても、通信教育代だけでした。

お姉ちゃんの高校の授業料は、特待生でただやったし、

おとうとの高校の授業料は、ちょうど高校無償化の恩恵を受けれたし、

ほんと、親孝行な子供たちです。

 

以前、会社の同僚の子供さんの高校受験のことで、

『どうしたらいい?』と聞かれました。

娘いわく

『教科書をとことん勉強すればいい。わからないところは、先生かその教科が得意な友 達に聞けばいい。

 定期テストででるのは、教科書からやから。高校受験も同じ。』

 アドバイスになったかどうかは、わかりませんが。

 

子供たちをみてると、そんなにガリガリに勉強していたわけではありません。

勉強するのもリビングでしてました。

ふたりとも中学生までは10時には寝てましたし、

大学受験の時も12時には寝てました。

自分なりにメリハリをつけていたようです。

 

今日の支出は

食費  4002円

日用品  827円